HOMEお仏壇の処分お仏壇を処分する3つの方法

お仏壇を処分する3つの方法

引っ越しでお仏壇を手放したい。
小さいお仏壇に買え変えたいので古いものを処分したい。
実家を売りにだすので、お仏壇を処分しなければならない……

 

しかし実際に処分するとなると、どうするのか分からないものです。

ここではお仏壇を手放す方法として、特に現実的な3つの方法をご紹介します。

ー目次ー

1.粗大ごみに出す

2.仏壇店で引き取ってもらう

3.仏壇処分(供養)サービスを利用する

– まとめ

1.粗大ごみに出す

いきなり身も蓋も無いかもしれませんが、一つの手段として選択できます。

実は多くの市がお仏壇を粗大ごみとして出すことを許可おり、例えば東京都世田谷区は400円~2,000円でゴミとしての回収が可能です。

参考リンク: <50音順>世田谷区粗大ごみ処理手数料一覧

カラーボックスの処分費用と同一といった、なんとも徹底した扱いですが、安価に処分可能で、誰しもが簡単に利用できます。

問題はやはり気持ちの面でしょうか。

法的にも自治体的にも処分に出すことは可能です。
しかしそれはあくまでも「粗大ゴミ」としてになるのです。
家で手を合わせ、信仰してきたものの器を「粗末で大きいゴミ」として扱うのはやはり忍びない。
そう感じる人は少なくないでしょう。

また粗大ゴミは多くの場合、回収の際には野ざらしになります。
その為、近隣の方々の目に触れる可能性が多々あります。
こちらも良い気持ちにならない人が多いかもしれません。

この方法は、お仏壇を処分する選択肢として最も安価な方法です。
しかしながら、如何ともし難い抵抗を感じる人は多いでしょう。
その抵抗を少なからず感じる方は以下に紹介する二つの方法をオススメします。

 

2.仏壇店で引き取ってもらう

元々の仏壇を購入した店、もしくは買い替える仏壇を購入予定の店に交渉する方法です。
昔はこの方法が主流でした。

仏壇店の中にはサービスの一貫として、仏壇を購入した場合に古い仏壇の引き取りが可能な店があります。
その仏壇に連絡し、仏壇の引き取り依頼をします。

購入した店、購入予定の店が有る場合は、一度問い合わせて見ると良いでしょう。

費用は店舗や購入金額に応じて様々なので、見積もりが必要です。
多くの場合、見積もり時には処分仏壇のサイズが関係してくるので、予め幅、奥行、高さのサイズを測っておくとスムーズです。

また、事前に閉眼供養(お精抜き)を行っていないと、引取が不可能な場合があります。
加えて仏壇店に持ち込まなければいけないのか、自宅引き取りが可能なのかもお店によって異なりますので、予め確認が必要です。

この方法では仏壇店によって対応も様々なので、面倒な見積もりや交渉が発生することがあります。
そもそも、仏壇を購入していないとサービスの対象にならない可能性があり、注意が必要です。

めぐり合わせ次第では手間もなく、安価に仏壇の処分が可能ですので、一考の価値があります。

 

3.仏壇処分(供養)サービスを利用する

近年、主流になりつつある方法です。

インターネットや電話を通じての申し込みが主で、お仏壇の大きさ、住所、引取日などを伝えて仏壇の引き取り手配をします。
基本的には自宅引取りで、運送会社が梱包などを請け負います。

業者により、閉眼供養や合同供養も並行して行っているので
お寺の都合がつかない場合でも、気軽に利用することが可能です。

見積もりもネット上で明確な場合が殆どで、手間もそれほど掛からずに済みますが性質上、前振り込みのみの対応が多いので、しっかりとした業者の選定が必要です。

費用は上記の2つより多めにかかることが多いですが、全国対応の業者もあるので、なかなか処分方法が見つからない場合には心強いサービスです。

 

参考リンク: 株式会社クマダお仏壇供養処分サービス

 

まとめ

・気持ちと世間体が気にならないのであれば、一番簡単なのは粗大ゴミで出すこと。

・仏壇を買ったお店に頼めるのであれば、費用や気持ちの面で一番良いかも。

・頼むところが無くて困っているのであれば、仏壇処分サービスが便利。


お仏壇を処分する3つの方法

仏壇供養Q&A は
株式会社クマダが運営しています。

私たちは仏壇仏具を製造しているメーカーです。
日々、お仏壇に触れているからこそ分かることがあります。
お悩み・お困りごとがございましたらご相談ください。

- お電話でのお問い合わせ -

052-653-4600052-653-4600受付9:00 ~ 17:30(土日祝除く)

Recommend人気の記事